読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンだな―パンダ主婦の本棚

よく眠りたまに色々考える主婦、twitterID:toppinpararinの本棚にある絵本をつらつら紹介していくブログです。

クリスマスの絵本① はじめてのクリスマスにも

季節・イベントの絵本

早いものでもうすぐ12月。私などつい最近紅白を観た気がしていますが、時の流れは本当に容赦ない。やめて。

さてそんなわけで、クリスマスの絵本を紹介してまいりますよ。

まず第一弾は、クリスマスってなんか赤いおじちゃんがいいものくれるらしいぜ!と認識しはじめたお子様くらいの年齢から楽しめる絵本たちを。

まず始めは「クリスマスのまえのばん」

 

クリスマスのまえのばん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

クリスマスのまえのばん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

 

 これ、なんといっても装丁と印刷がすんばらしくすんばらしいので、

今回紹介する絵本の中でも、是非店頭で手に取って実際にご覧頂きたい絵本の筆頭です。

なんといっても表紙が布張りで、しかもケース付き!

内容ももちろん素晴らしいのです。サンタクロースの原型、セントニコラウスが子供たちが眠る家にやってきて、プレゼントを渡していく。

このセントニコラウスが何ともいえず、やんちゃな近所のおじちゃん風情なんですよ。

高貴さとか一切感じない。めちゃくちゃ親しみやすい。一家の父さんに見つかっても気にしない。

そんな愉快なニコラウスおじちゃんのお話です。

 

次に「ゆうびんやのくまさん」

 

ゆうびんやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)

ゆうびんやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)

 

 このくまさんがもう、なんていうか、完全にぬいぐるみなんですね。

ぬいぐるみで、かつ、ゆうびんやのくまさんが、一生懸命に雪の中を、クリスマスのプレゼントや手紙を届けて回るお話。

そのポテポテした手足のたたずまいがもうたまらんのです。かわいい。かわいい。

そして大仕事を終えたくまさん、自分の家に帰ります。そこには自分あてのクリスマスプレゼントが!

居心地のよさそうな居間にはさりげなく結婚式の写真が飾ってあったりするのですが、

しかしくまさんの他に家族がいる様子はない。

くまさん…あんたまさか…そのポテポテした風貌の裏に、何かつらい過去を…?

なんて邪推するのは大人だけの楽しみです。

しみじみとほのぼのする、平和なクリスマスの絵本です。

 

次に「クリスマスのふしぎなはこ」

 

クリスマスの ふしぎな はこ (幼児絵本)

クリスマスの ふしぎな はこ (幼児絵本)

 

 最初に言っておきますが、これは奇書です。

ものすごくシュール。でもまちがいなく素敵なクリスマス絵本。

小さな男の子「ぼく」が、縁の下で謎の木箱を見つけます。

開けてみるとそこには、クリスマスの準備をしているサンタさんの姿が…。

昭和の香りのする日本の住宅に住む「ぼく」とその家族と、箱から見えるサンタさんの姿の違和感。

箱の中のサンタさんは、どんどん「ぼく」の住む街へ近づいてきて…?

子供も大人も、どうにも咀嚼しきれない、不可思議なできごと。そんなクリスマス絵本もいいよね。

 

次に「まどから おくりもの」

 

まどから おくりもの (五味太郎・しかけ絵本(3))

まどから おくりもの (五味太郎・しかけ絵本(3))

 

 ド定番。

と言って差し支えないでしょう。

なんたって初版が1983年。30年以上にわたり読み継がれている大傑作しかけ絵本ですもの。

とはいえ、この絵本。窓に見立てた穴から色々なものが覗く素敵なしかけがあるのですが、紙が薄いので、意外とすぐ破れてしまうんですよね。

なので、保育園や幼稚園にはあまり置いてなかったり、あっても大抵窓のところがビリビリに破れて補修テープだらけだったり。

なのでせっかくだから我が子にちゃんとした形で見せたいと思って買ってしまいました。子供の頃に内容を暗記するほど読んだくせに。

もしかしてくまさん、プレゼントをもらえないの…?ハラハラする子供たちを安心させてくれるオチは、ほっとしてほのぼの。もう本当に、私なぞが何を言い足す必要もなく、すてきにゆかいなクリスマス絵本です。

 

最後に「あのね、サンタの国ではね…」

 

あのね、サンタの国ではね…

あのね、サンタの国ではね…

 

 サンタたちが暮らすサンタの国の最大のイベント、クリスマスに向けた年中行事予定を

カレンダー風に描いた絵本です。

2月は子供たちからのお礼の手紙を読んで。5月にはソリに乗るための体力測定。10月にはサンタ会議で、どの子にどのプレゼントを贈るかの打ち合わせ…

この構成のおかげで、一年中いつ読んでも、子供たちは「今ごろサンタさんは〇〇してるんだな~」と想像を膨らませることができるのですね。

黒井健さんの、柔らかくて暖かなタッチの絵がぴったりの絵本です。

 

さて、このへんまでがクリスマス初心者(?)のお子さんにおすすめの絵本たちです。

もちろんもっと大きいお子さんにも、大人が読んでも楽しめるものばかりですけども。

 

もっと大きいお子さん、さらに大人にもおすすめのクリスマス絵本の紹介はまた後日。

f:id:toppinpararin:20161127015105j:plain